夏風邪はバカがひく。の意味

Pocket

子供からもらっちゃいました。夏風邪。

しかも、軽い気管支肺炎起こしていました・・・。
39℃まで熱上がったからなぁ。

というわけで、こんなこと思い出しました!

聞いたことがありますよね?

「夏風邪はバカがひく」「バカは風邪をひかない」

なぜ、そう言われるのか、気になったので調べてみました。

すると・・・

「夏風邪はバカがひく」・・・愚鈍な者は、冬に引いた風邪を、夏になってから罹(かか)ったのだと気が付く。馬鹿はそれほど愚鈍であるということ。馬鹿は冬に引いた風邪を夏になって気が付くから。誤解から、一般に、夏風邪を引く者は愚か者であるということ。

「バカは風邪をひかない」・・・愚鈍な者は、風邪を引いたことに気が付かない。馬鹿は、それだけ鈍感であるということ。愚か者は風邪を引かないものである。

つまり、風邪をひいたことにすぐに気づかない

こういう意味だったんですね~!

いや、私は熱出る前から、気付きましたよ!

まぁ、子供がひいてたけれども。

・・・みなさんも風邪にはお気を付け下さいm(_ _)m

投稿者:

店長

[男前/北欧]おしゃれなインテリア専門店、インテリア大好き店長です ^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です